東京都調布市仙川町3-2-4 
ウィステリア仙川2F
tel.03-3300-0003

ピロリ菌検査・除菌

ヘリコバクターピロリ菌について

胃粘膜は、分泌腺から分泌される胃酸や消化酵素によって強い酸性で保たれています。そのため細菌や微生物は生息することができないと考えられていました。しかし1980年代にオーストラリアの医師が胃からの分離培養に成功し、ピロリ菌という胃粘膜の酸性に耐える細菌が発見されました。
このピロリ菌が胃炎や胃・十二指腸潰瘍などを引き起こすだけでなく、胃がんの主な原因であることも分かっています。

ピロリ菌の検査

内視鏡検査で以下の診断を受けた方は、健康保険でのピロリ菌の検査・除菌が適応となります。
慢性胃炎、萎縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少症、早期胃癌の内視鏡治療後、機能性胃腸症(FD)、胃ポリープ

ピロリ菌の感染については尿素呼気試験法での検査を行っております。患者さんに診断薬を服用頂き、服用前後の呼気を集めて診断を行います。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌の生息が確認された場合、元の病気の治療との兼ね合いを見ながら7日間の一次除菌療法(胃酸の分泌を抑える薬と2種類の抗菌薬による)を行います。その後、再度検査を行いピロリ菌の生息が確認されなければ除菌成功です。
生息が確認された場合は二次除菌療法を行います。一次除菌で使用した抗菌薬を1種類別に変更し同じく7日間服用頂きます。

地図
診療科目
胃腸内科 内視鏡内科 肛門外科 一般外科
住所
東京都調布市仙川町3-2-4 
ウィステリア仙川2F
アクセス
京王線仙川駅より徒歩約3分
Tel
03-3300-0003
休診日:木・日・祝
※診療開始の受付時間は15分前からとなります。また診療終了時間の15分前までが受付時間となります。
午前 日祝
9:00-12:00
午後 日祝
14:00-17:00
17:00-19:00
Page top