京王線 仙川駅徒歩約3分
東京都調布市仙川町3-2-4 
ウィステリア仙川2F
tel.03-3300-0003

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸がんと大腸内視鏡検査

最近の大腸内視鏡は細く軟らかく、さらには硬さを変えることもできることで、大腸の曲がり角に沿うように曲がる(受動湾曲)機能を備えており、患者さんの負担も少ない検査となりました。

また大腸内視鏡検査で発見できる大腸がんは食生活の欧米化と日本社会の高齢化のため増加傾向にありますが、がんの前段階であるポリープを内視鏡により切除することによって予防できるようになりました。

次のような場合に大腸内視鏡検査をお勧め致します

集団がん検診の便潜血検査で陽性結果が出たら、もしくはご両親や血縁に大腸がんを患った方がいる場合には、ぜひ大腸内視鏡検査(大腸カメラ)をお勧め致します。

大腸内視鏡検査とは

具体的にはおしり(肛門)から60~100cmほど内視鏡を挿入し、大腸の内腔を直接観察し、大腸の炎症性の病気(腸のただれや傷)や、大腸のポリープ、大腸がんの有無を確認いたします。 下剤を使った前処置を行い、大腸をきれいにしてから内視鏡を肛門から挿入して検査を行います。

検査時間は、おおよそ5~20分程度です。内視鏡が挿入しづらい方(腸が長い・屈曲が強い・癒着がある・便が残っていて視野が悪い)や、追加処置が加わる場合には、検査時間が長くなり、30分以上かかることもあります。

鎮静剤(意識の鎮静化)や鎮痛剤(痛み止め)の使用について

患者様の不安や苦痛を減らし、検査をより円滑、確実に行うことを目的に使用する場合があります。
初めての検査で不安の強い方や、癒着などにより挿入時に強い痛みがでる方にはお勧めすることがあります。

鎮静剤や鎮痛剤を使用した場合、検査後30分~2時間程度ベッド上で安静にしていただき、眠気やふらつきがなくなったことを確認してから帰宅していただきます。
当日の車やバイク・自転車の運転は絶対に禁止していただきます。

仙川の森クリニックの大腸内視鏡検査

大腸内視鏡を挿入する際に、鎮痛剤を注射します。
ご希望の方は上述の鎮静剤の処置も可能です。

ウトウトとほとんど眠っている様な状態で検査を終えることができます。

※鎮静剤による処置を希望される方は、公共交通機関をご利用の上でご来院ください。

軸保持短縮法

当院では大腸カメラを挿入する際、腸を押さずにそのままの形を維持しながら挿入する軸保持短縮法という技術を用い、検査を行っています。

大腸の軸(腸管軸)を折り畳んで短縮させながらカメラを挿入する方法で、従来の検査法と比べて、検査時に負担がかからず、不快な異物感や苦痛をほとんど感じることがなく痛みも軽減させられます。

大腸ポリープ日帰り手術

大腸内視鏡検査中にポリープが見つかった場合、大きさや形状にもよりますが内視鏡を用いた日帰り切除手術も行っております。

※事前にご了承いただいた場合のみ。
内視鏡から切除専用の器具を使用してポリープを切除しますので、身体的負担も軽くて済みます。

次のような症状がある場合、早めにご相談ください

  • 血便が出る
  • 便秘や下痢など排便の異常
  • 貧血を起こす
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 急な体重の減少
  • 検診などの便潜血検査で異常を指摘された
  • 腸がん、大腸ポリープを治療したことがある など

大腸カメラで発見できる病気について

  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • 虚血性腸炎
  • 大腸憩室症

大腸内視鏡検査前の流れ

①検査前日

  • 夕食は消化の良いものを少なめにお願いします。
  • 飲み水や服薬は大丈夫です。※お薬につきましては事前の診察時にご相談ください。
  • 夕食後に下剤を服用ください。

②検査当日

  • 朝食やジュース等の飲み物、喫煙、服薬はご遠慮ください。
  • 着替えやすい服装でご来院ください。
  • 大腸をきれいにする下剤を飲んで頂きます。
    (※下剤は予め飲んでいただくか、来院後に飲んでいただきます。)
  • 下剤は数回に分けて合計2ℓ程度飲んで頂きますが、飲みやすいお薬をご用意致します。
  • 何度かトレイにいき、液体のような便(水様便)になりましたら検査可能です。

○検査前に飲んでよい飲み物

お茶、ウーロン茶、麦茶、コーヒー、紅茶、スポーツドリンク *コーヒー・紅茶の場合、砂糖は構いませんが、ミルク・レモンは抜いてください。

×検査前に飲んではいけない飲み物

牛乳などの乳製品、野菜ジュース、果汁入飲料、酒(アルコール類)

検査後、当日の注意事項

  • 検査後、2時間ほど経過したら飲食可能です。
  • 検査当日は特に激しい運動は避けてください。
  • お風呂はシャワー程度にしましょう。

なお、便に少量の血が混じる場合があります。

※ポリープをとった場合は、刺激のある食事や飲酒、激しい運動などを制限させていただく場合がございます。その他につきましては医師の指示に従ってください。

まとめ

大腸内視鏡は大腸と小腸の一部を観察するのには欠かせない検査です。また、ポリープを発見した場合は、その場で内視鏡切除することも可能です。

がんやポリープ、炎症などを早期発見するためにも、「大腸内視鏡検査」を積極的に受診されることをお勧め致します。特に大腸ポリープは内視鏡で切除することで大腸がんの予防が可能です。

地図
診療科目
胃腸内科 内視鏡内科 肛門外科 一般外科
住所
東京都調布市仙川町3-2-4 
ウィステリア仙川2F
アクセス
京王線仙川駅より徒歩約3分
Tel
03-3300-0003
休診日:木・日・祝
※診療開始の受付時間は15分前からとなります。また診療終了時間の15分前までが受付時間となります。
午前 日祝
9:00-12:00
午後 日祝
14:00-17:00
17:00-19:00
Page top